【連載】Life with India! vol.3

こんにちは、運営の乾です。
「Life with India!」第3回目は、みんなから「かわちゃん」の愛称で親しまれている
大阪在住の熊﨑未紀(くまざきみき)さんにインタビューをさせていただきました!S__82198532「Life with India!」とは…
インド在住の人、インドと日本を行き来して仕事をしている人、日本においてインド絡みの事業を立ち上げた人、インド旅行にハマっている人、日本でインド料理を食べ歩いている人やインド料理を作っている人、
インド人と国際結婚された人、インド映画やダンス、ヨガ、語学にハマっている人などなど…
日頃からインドに深く関わる人々に突撃インタビューをさせていただく不定期連載企画です。

ミキさんは現在、大阪にてヨガスタジオを経営されております。
ヨガのこと、大好きなインドのこと、そしてインドで出会った旦那様とのこと…今回も興味深いお話が満載です!
それでは、早速お伺いさせていただきましょう!

Q1. 初めてインドを訪問したのはいつですか?また、インドに行こうと思ったきっかけは?

A.2008年の11月です。
元々ホットヨガのインストラクターをしていましたが、会員様に「あなたはフィットネスとしてのヨガしか知らない」と言われたのがきっかけです。
「ん?本場のヨガてどんなんやろ?」と思い、インドに行ってみたくなりました。
海外に出た事もなかったので国外への憧れもあり、仕事を辞めて初海外・初一人旅で1ヶ月インドに行きました。

Q2.初めてのインドはいかがでしたか?人生観みたいなものは変わりましたか?

A.カルチャーショックだらけで、着いてから1週間はオドオドして過ごしたのを覚えています(笑)
物乞いやら騙そうとして近付いてくる人やら。
「No!!」と断らなければどれだけでもついて来るので、「断る勇気」が身につきました(笑)
騙されるも騙されないも、すべての責任は自分の選択にかかっている、「自分が何を選ぶのか」と、自分と向き合う時間が増えるようになりました。今現在の生活にもその部分は生きています。S__82198588Q3.ヨガを始めようと思ったきっかけを教えてください。また、ヨガを始めてからどのくらい経ちますか?

A.ヨガを始めて12年になります。
12年前はホットヨガが日本へ入ってきた頃だったので、求人で「ホットヨガのインストラクター」というのが沢山あったんです。ダンスや体を動かす事が好きだったので応募してみたら受かって、ホットヨガで2年働きました。その後ホットは辞めましたが、今までヨガを続けています。インドとは無縁のヨガとの出会いです(笑)

Q4.ヨガを始めたことによって心身に何か影響はありましたか?

A.まず体は丈夫になりました。若い頃より今のほうが体力があります。
呼吸が深くなった、集中力が増した等、他にも色々とありますが、1番は心をしっかり見れるようになった事です。
また、昔よりは自分で自分を受け入れる事ができるようになりました。
嫌な自分に蓋をして見ないようにしていた時期もありましたが、今は蓋を開けて嫌な自分と向き合っています。S__82198569ヨガ哲学は、勉強すれば本来の自分と向き合える学びが沢山あります。
いらない物を脱ぎ捨てる事が出来るようになると思います。
まだまだ脱ぎ捨てられていない事も多いですが、これからもヨガを続けていきます。S__82198570

Q5.ヨガのインストラクターを目指すにあたり、1番大変だったことは何ですか?また、資格取得までの期間を教えてください。

A.未経験からホットヨガのインストラクターを始めて2年、ホットを辞めてインドに渡り師匠と思える人に出会いました。
その師匠の元で全米ヨガアライアンス200時間を取りたいと思い、帰国後1年間貯金してからインドに戻りました。ヨガを始めてから3年後に資格取得です。
ヨガの聖地と呼ばれるリシケシでの取得でしたが、1番困難だったのは英語です。
日本語の通訳の先生もいらっしゃいましたが、テクニッククラスなどはいろんな国から来ているクラスメイトと一緒に受けるので英語でした。ちなみに私は英語が苦手です。
日常生活で使わない体の部位や臓器といった単語。それに加えてポーズの名前などのサンスクリット語。聞いた事のない単語がいっぱい。
少しでもインストラクター歴があったのが救いでしたが、何も知らなかったら挫けてたかもしれません。
また、ヨガ哲学を勉強している時に「私こんな腹黒いのにヨガの先生とかなれるんかな?」と不安になりました(笑)ヨガ哲学、自分の良いところも悪いところも見えて面白いです。

Q6.ヨガの聖地・リシケシに何度も滞在されているとのことですが、リシケシで学ぶことの良さを教えてください。

A.私はリシケシ以外の土地で長期でヨガを学んだ事がないので他は分かりませんが、私にとってはヨガを学ぶ神聖な場所です。
師匠がいてアシュラム(道場)がある、学びに来ている、練習しに来ている、自分自身に没頭できる、そんなモードに入る街です。
自分の中でリシケシのイメージができちゃってるんでしょうね。
海外からヨガをしにリシケシに来ている方も多く、穏やかで自然が多いゆっくりとした時間が流れる町です。いつもデリーINですが、デリーの喧騒とかけ離れてるギャップも大好きです。S__82198540
S__82198589ちなみに、出身校はAnand Prakash Yoga Ashram(アナンダプラカーシュヨガアシュラム)です。S__82198531

https://akhandayoga.com

「アカンダヨガ」というスタイルのヨガが学べます。ここで2013年に300時間の資格も取得しました。S__82198533Q7.旦那様とはインドで出会われたとのことですが、出会いのきっかけを教えてください。

A.初インドの2008年に、バラナシのベンガリートラの路地で出会いました。
一人旅で街を歩いていると日本人ぽい人とすれ違う時に「あっ、こんにちは~」みたいな挨拶があると思うんですが、それです(笑)S__82198567↑ 出会った当時 (1番後ろの左が旦那、1番右が私)

お互い一人旅同士、違う宿に泊まっていましたが、ご飯時になると数人の日本人で集まってご飯を食べるメンバー。
2~3日したら皆いろんな地域に散らばっていきましたが、その時に連絡先を交換していたので日本に戻ってからお付き合いが始まりました。S__82198544Q8.結婚式もインドで行ったとのことですが準備は大変でしたか?また、どのような儀式を執り行うのでしょうか?

A.準備はデリー在住の知り合いの日本人の方にほとんどお世話していただきました。
しかし、やはり準備は大変でした~!S__82198563知り合いも誰も来ない2人きりの結婚式だったので、地味婚です。
でも、サリーを仕立てたり、クルタを買ったり、ジュエリーをレンタルしたり、ビューティーパーラーでエステ受けたり、メヘンディを描いてもらったり、なかなかハードでした。
来客があればパーティーなど色々あったと思いますが、私達はお金がないのでプージャ(儀式)だけ。S__82198560火の周りをグルグル歩いたり、ファイヤープージャでサマギリ(ハーブ)を焚べたり、聖水をピッピッとかけられたり、バナナをぽいっと投げられたり(笑)S__82198559
S__82198564意味が分からない事がほとんどでしたが、それでもシヴァのお寺で結婚式を挙げる事が出来たのは人生の中でも大きな財産です。
プージャが終わった後は仕切ってくれた人やパンディット(祭祀さん)とカレーを食べて終了。S__82198562お金持ちだったら知り合い呼んでパーティーして像に乗ったりしたかったですが(笑)
インドでインド人の仕切るインド式の結婚式、最高の思い出です。S__82198565Q9.夫婦お互いの共通点である「インド好き」は、日常においてどのような形で生かされていますか?

A.私はインド一筋ですが、旦那は世界一周していたので他の国に行きたいみたいです。
もちろんインドも好きなんですけどね。
お互い一人旅の自由さを知っているので「1人でどっか行きたい」という話になってもケンカもないですし「おぉ、行ってこい行ってこい!」状態。めちゃ気楽。
私の趣味のボリウッドも付き合ってくれるので、家ではボリウッドソングが流れ、テレビではインド映画が流れ、晩御飯はダル(豆カレー)でも普通に過ごせるのが嬉しいところです。
また、インドにいると「え!そんな事ある!?」というincredibleに出会う事が沢山あると思うんですが、インドで少し鍛えられたのか家庭内の少々のトラブルも「まぁしゃーない」と思える夫婦になれました(笑)S__82198547S__82198548Q10.インド滞在中に起こった病気や怪我はありましたか?また、その際はどのような処置を行いましたか?

A.夫婦揃ってなったのは通称「卵ゲップ病」。
本当の名前はジアルジア?という寄生虫らしいですが、夫婦一緒に2回かかりました。
卵食べてないのに硫黄味のゲップが上がってきて、気持ち悪くなって水下痢になるアレです。
薬局で「ジアルジア!」と言えばデカイ錠剤を貰えるので、それ飲んで寝ておけば治りました。だいぶしんどかったです。

あとは、1年前にリシケシで目の下を犬に噛まれました。
じゃれてたらガブーっと!
狂犬病の予防接種を打っていなかったので、噛まれた後に決められたスケジュールで5回注射を打つ事に。アルコール消毒なしでブスっと刺された注射、さすがはインド。
そしてこの時初めて海外旅行保険使いました~!
帰国後も注射が必要だったので、保険めちゃ助かりました。

Q11.インドでおすすめ個人的ベスト3の観光地は?またその理由を教えてください。

A.3位 ダラムサラ
チベットの亡命政府があり、チベタンが多い街。S__82198557ダライ・ラマ法王のティーチングに行き、初めて法王を見た時は胸がジワッと熱くなりました。法王を見てチベタンの方が手を合わせているのを見た時に「人が心から祈る姿は美しい」と思いました。チベット料理も凄く美味しい!S__82198553S__82198554テントゥク、トゥクパ、モモ、何を食べても美味しい街でした!
あっ、でもバターティーは苦手です(笑)

 

2位 バラナシ
私の中の「ザ・インド」な街です。S__82198546濁ったガンガー、パワー溢れる行き交うインド人、生と死を身近に感じる「生きている」実感が湧く街。
あの混沌さが、また心地良い。S__82198549S__821985451位 リシケシ
何より思い出が沢山ある場所なので。ヨガを勉強する身として、心身共に引き締まる街です。
ガンガーも澄んでいてすごく綺麗です。S__82198534大自然の中で、本来の自然な自分の姿が出る街。ベジ料理が豊富なのも嬉しい!
おかげで毎日消化がよく快便になります(笑)S__82198535Q12.好きなインド料理を3つ教えてください。

A.ダル、サブジ、チャパティ。
私はノンベジタリアンで何でも食べますが、ベジはやはり消化に良い。
粗食のようなこの3点セットがあれば満足です。あっ、でもたまにビリヤニとチョーメンは食べたい(笑)

Q13.現在、インド料理を食べる頻度は?また、得意なインド料理はありますか?

A.家の近くのインド料理屋でバイトしてた事もあり、そこの店にはお呼びがかかればちょくちょく行っています。インド料理は少なくとも週1、多ければ週3くらい。
冷蔵庫に余っている野菜があればサブジやパコラにしてよく食べています。ダルもよく作ります。

Q14.現在、大阪にてヨガスタジオを経営されていますが、独立しようと思ったきっかけを教えてください。

A.これも家の近所なのですが、最初はテナントを借りる気はまったくありませんでした。
バイトしてたインド料理屋の上の階がレンタルスタジオだったので、そこを週3回借りてレッスン→終わったらインド料理屋のホールのバイトという生活をしてたんです。
しかし、レンタルスタジオが無くなる事になり、その場所でヨガを続ける事が出来なくなりました。
ありがたい事にその時に通ってくださっていた生徒様から「近くで続けて欲しい」とのお声をいただき、一念発起して近所でヨガスタジオを構える事になりました。
自分のやりたいようにヨガをできる場所を試してみたい気持ちがあったので。
レンタルスタジオがなくなる事を聞いてから、スタジオ設立まで半年間でした。S__82198571Q15.開業後、大変だったことを教えてください。また、開業してから1番嬉しかったこと、やりがいを感じたことを教えてください。

A.以前はレンタルスタジオという時間借りでのスペースでしたが、テナントとなると何もしてなくても家賃・光熱費が発生します。
調子こいて駅近のいい所を借りてしまい、思っきり赤字でした(笑)
どこもそうだと思いますが家賃をしっかり払えるよう、いろんな方に来ていただく必要があり、集客が何より大変です。
「ただ体を動かしたい」という方はジムなど色々ありますし、ヨガに特化したスタジオとなると何を宣伝すれば「ヨガをしてみたい」に繋がるか、それは今も大きな課題です。
そして、ヨガは執着を捨てるもののはずなのに、集客に執着するという葛藤(笑)ビジネスは難しい(笑)
でも、こんな小さな地元の街でインドで勉強してきたヨガを伝えてきて、ヨガをもっと深めたくなった方、インドに興味が湧いた方が!これはもうすごく嬉しかったです。S__82198587S__82198583去年、スタジオでインドツアーを主催しましたが、そこに参加された方がその旅でインドに慣れたようで、その後は一人旅でインドに行かれたようです。S__82198577S__82198578S__82198579
S__82198586他にも「あそこのスタジオ、インド好きな人がやってるらしいよ」と聞いて来ていただいた方も!スタジオ始めて良かったと思えた瞬間です。
こんな私を相手にしてくださる周りの皆さんの優しさには、感謝しかありません。S__82198580S__82198584S__82198581S__82198582Q16.現在の客層とプログラムを教えてください。また、普段からどのようなことを心がけてヨガやお客様と向き合っていますか?

A.20~60代の女性の方が多いです。最近は男性会員の方もチラホラ増えてきました!
老若男女年齢問わず誰でもできるものがヨガだと思いますので、やさしいプログラムからハードなプログラムまで用意をしています。S__82198572S__82198573その時の気分に応じた、その時の体に応じたプログラムを受けていただきたいです。
無理をして通うものではないと思いますので、そこはいつも会員様にお伝えしています。
ヨガはスタジオでなくても家でもどこでもできますし。
その時のご自分と向き合って、行きたい気分じゃなければ行かない、それでも「行きたいな」という気持ちがあってスタジオまで足を運んでいただけたなら、もう感謝です。
嫌な自分も好きな自分も「これが私なんだ」と、安心して受け入れる事ができる場所を作っていきたいです。S__82198574Q17.今後、インドに移住する予定はありますか?

A.今のところありませんが、いつかは住んでみたいという夢はあります!
旅行と住むとでは生活が全然変わるかと思いますし、住んでみてインドをどう思うのか体験してみたいです。
旦那は「住むんは…、勘弁。」との事なので実現するには説得が必要になりそうですが(笑)

Q18.インド旅を楽しめる人ってどのようなタイプの人だと思いますか?

A.郷に従える事のできる人だと思います。
どうしても日本の常識で当てはめてしまいイライラする事が多いですが、「ここはインド、日本じゃない。勝手が違う事を分かっていて、誰に頼まれた訳でもなく好きでこの国に来ている。すべて自分の選択。」と思えるとインドが楽になると思います。
それでも毎回イライラはしますが(笑)S__82198576Q19.今後、インドに通う予定や頻度を教えてください。また、他にも行ってみたい場所はありますか?

A.行けたら1年に1度のペースで通いたいです!
お金も時間もかかる事なので、スタジオの経営次第にもなりますが。
「インドに行く=リシケシに行く」の頭になっているので、リシケシ行ってから時間が余れば色んなインドを見に行きたい!
ちなみに南インドは行った事がないので、最南端のカニャクマリには行ってみたいです。

Q20.今後の目標は?

A.ダイナミックでなくていいので、自分のペースでヨガとインドに関わっていきたいです。
あとは地元で、大好きなボリウッドダンスを普及させていきたいと思っています!
まだまだインド熱は冷めないので、熱苦しくインド好きで生きていきたいです!(笑)S__82198585未紀さん、このたびはありがとうございました!
未紀さんが運営するヨガスタジオやSNSにつきましては以下の情報をぜひご確認ください!

YOGA GANGA(ヨガガンガー)
http://www.yoga-ganga.com

Facebookページ
https://m.facebook.com/yoga.ganga.kawa

インスタID
yoga_ganga_osaka

次回もぜひぜひ、お楽しみに~!