身近にあるちょっとコワいスパイス

ご無沙汰してしまいました。
今日は身近にあるスパイスのちょっとコワいお話をします。

皆さんは【ナツメグ】というスパイスをよくご存じのことかと思います。

肉料理、とりわけハンバーグによく使う、甘い香りのスパイスです。
カレーにはキーマカレーなどに使うことがあります。

そんな【ナツメグ】ですが、実はちょっとコワい話を持っています。

実はナツメグには幻覚を引き起こす作用があるのです。
あまりにも身近すぎて「なんてこった!」と最初知ったときは思ったほどです。

ナツメグには「モノアミン酸化酵素阻害薬および精神活性物質であるミリスチシンが含まれてい」(※)て、致死量はナツメグ15gとも2粒とも言われています!

しかし、実際にナツメグが原因で死亡した例は2例しかなく、そんな簡単に死ぬわけではありません。

色々と調べていると、瓶ごとナツメグパウダーを入れたカレー(5~10gくらいか?)を食べた人が浮遊感を感じたりしているようです。

また、子宮収縮作用もあり、過去には避妊薬としても使われていたらしく、妊婦さんには多くを摂取させるべきではないでしょう。

ちなみに、ナツメグ中毒に関する論文は古くから発表されているようです。

もちろんナツメグを少量使う分には問題はないでしょう。ただ、誤って瓶ごとカレーに入れちゃった…というときは素直に取り除いたほうが健康上良いと思います♪

用法・用量を守って使いましょう!

(※)Wkipediaより引用

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*