【CULTURE】インドの治安

  運営の乾です。インドの文化や交通など、基礎知識としてのベースは整ったかと思いますので、そろそろ次のステップとして旅行記なんぞ…と考えております。

ですが、みなさん。インドの治安って一体どんなものなのか気になりますよね。巷では、インド=危険 というイメージが定着しているような。でも、あくまで個人的な主観からものを言わせてもらうと「意外とそんなことはない」ってとこでしょうか。じゃなかったら8回も旅に出ていませんって、わたし自身も。笑

なので、簡潔に取りまとめてみます。

【注意点】

①盗難には注意を払う

②夜遅くに外を出歩かない

③素性の知らぬ人と必要以上に仲良くしない、ついていかない

さて、いかがでしょう。「え、こんなもの?」と感じたのではないでしょうか。でも、これって他の外国を旅する時も必要な心がけだと思いませんか?インドに限らず、最低限守るポイントは万国共通かと。だけどインドの場合、③は特に大切な心がけかもしれません。

わかります、わかりますよ。やっぱり外国に来たからには現地人とできるだけ多く触れ合いたい気持ち。それが旅の醍醐味だったりもしますしね。

インドの民度はピンキリ。日本人も到底敵わないほどの大富豪もいればエリートもわんさか存在する。また、逆も然り。人口は日本の約10倍であり様々な宗教観や言語を持ち合わせる、まさに巨大カオス集団。時には日本の非常識がインドの常識だったりと、とにかく

「相手の思惑が、読みにくい。」

まさにここがポイントなんです。だから、相手には何の悪気はなくとも、こちらからすれば「こんなはずではなかった…」と、自分自身の想像とは真逆の、まさかのどんでん返しが起こりうることが普通にありえるんです。

ここまで価値観の幅が広い国はそうそうありません。現地人との触れ合い、素晴らしいですよね。でも、インドはそういう意味では例外なのかな、と思います。

さて、わたし自身の初めてのインドひとり旅。一体どんな心境だったと思います?

そりゃあもう、はじめの3日間くらいは怯えっぱなしでした。笑

宿泊先があまり良くなかったってのもありました。ベッドに寝転がった瞬間、全身に痒みが。おそらくダニだと思うのですが、全身がブツブツだらけに。おまけに、食あたりか何かで「オェーーッ」とえずく声が、真夜中にどこからか毎晩響き渡る…。薄暗い天井をぼんやり見上げながら「なんでこんな国に来ちゃったんだろう…」と、体をボリボリ搔きむしりながらただただ呆然としていたのは、今となっては懐かしいです。笑

しかしながら結局のところ、自分がもっとまともな宿を選べば良かったわけですし。あと、インドは危険という先入観。ただネットで拾っただけの情報でインドを知った気でいたわけで。勝手にひとりで怯えていたわけで。負の先入観は、恐怖や猜疑心を助長するものです。

何事も、百聞は一見に如かず。とりあえず試してみて、やっぱり自分にはダメだと感じたならば、次回から手をつけなければいいだけの話だと、わたし個人は思います。

インドいいとこ   一度はおいで♪