【TRAVEL】個人的なインド観光地 BEST3

運営の乾です。今回は、今まで行った中で個人的に好きな場所ベスト3を書き連ねてみたいと思います。

手元にある写真データなので限られちゃいますが、まずは巡った場所をほんの一部公開。

タージマハル。定番ですね。

エローラ遺跡群。圧巻!のひとこと。


ダラムサラ。何食べてもお腹が痛くなるので、だったら何食べても変わんないやってことで開き直って食べまくっていた記憶が。

ヨガの聖地・リシケシ。間違いなくここはヨガをするための場所ですね。ちなみにヨガはしませんでした。

さて、まずは第3位。

ターバンでおなじみ、シーク教徒の聖地・アムリトサル。あまりにも好きすぎて2回行きました。黄金寺院、豪華絢爛ですよ。シーク教徒の教訓のひとつに「働かざるもの食うべからず」というニュアンスの教えがあり、そのためか労働を重視する傾向があります。また、職業選択の自由があるため、海外で活躍していたり自営して莫大な富を築いている方々も多いためか何なのか、シーク教徒は品行方正な方が多いんですよ。そのため、比較的治安もいいので一人旅でもオススメ。

第2位。

イスラム教徒の聖地・アジメール。イスラム文化に興味津々だったので早いうちに行きたかったのですが出発当日にデリーで体調不良に襲われ一度キャンセルした苦い思い出が。リベンジを果たすべく2年後にこの地へ乗り込んだわけですが、なぜかその時もなぜか体調がすぐれず出発直前まで悩んだわけです。「この地に呼ばれていないのでは…?」と勘ぐりたくなるほど。だから、いざ寺院に足を踏み入れた瞬間は感激のあまり涙が止まりませんでした。敬虔なるイスラム教徒が集う街なので、寺院内の雰囲気は大変厳か。そして神秘的。ちなみにWi-Fiも通っておらず、誰とも連絡が取れなかったのはちょっと心細かったですし、外国人旅行者が少ない土地でしたが異国情緒たっぷりで最高でした。(ちなみに2日間滞在して出会った外国人は、スペイン人カップル1組だけでした)

ちなみに熱中症で路上に座り込んでうなだれていたところ「オカネちょーだい」と中年女性の浮浪者に声をかけられたので「いやいや、わたしもオカネ盗られて今ノーマネーなわけよ。むしろわたしにカネよこせ」ってテキトーなことを切り返したところ仲間意識が芽生えたのか「じゃあわたしと一緒にあそこのチャイ屋に行ってタダでチャイくれって言いに行こうよ」と誘われました。

そして第1位!

間違いなくハンピでしょ。見渡す限り、岩。その摩訶不思議な風景は何百年も前からずっとずっと、手付かずのまま。そして未来永劫、きっとこの先も変わらぬ風景。へんぴな場所にあるため、飛行機やタクシーを乗り継ぎ長時間かけてはるばるやってきたわけですが、本当にここは訪れる価値あります。未だに「ハンピ良かったなぁ…」ってたまに思い出したりします。

あと、実は砂漠の地・ジャイサルメールも非常に思い出深い場所なのですが写真が今手元にないため、また別の機会に書き綴ろうと思います。